藁ほうき 紅白/白

お届けまで2週間程度お時間いただきます。
ご了承の上、ご注文下さい。


◆手仕事=道具/藁は捨てるところがないと言われるほど、暮らしの様々な道具として、また、材料として使われてきました。この藁ほうきには、稲の実子(みご)と呼ばれる、稲穂の部分からお米を取った後にできる部分である「藁実子」を使います。
藁実子は、稲一本から1本ずつしか採取ができないため、ほうきを作るには数百本もの稲束から藁実子を採取する必要があります。そうして集められた貴重な材料を、一本ずつ手作業でお米を取り、丁寧に選別し整え、組み合わせた数百本の束を麻紐で固定し仕上げていきます。

◆藁ほうきの使いかた/藁ほうきは卓上での使用はもちろん、藁実子の特徴である縮れた形状により、カーペットや絨毯の掃除にも最適。繊維に絡みついたゴミまで浮かせて集めることができます。天然素材で、ほうきの腰も柔らかく、手軽にお使いいただけます。使いはじめは、藁実子の先端が切れて落ちることがありますが、使い進むうちに次第に少なくなってきますのでご安心ください。また、壁掛け用の輪っかがついているので、サッと使える場所に掛けたり、インエリアとしても楽しむことができます。

◆選べるカラー/藁ほうきは「紅白」「白黒」の2種類があります。メインカラーが赤地に白のライン、白地に赤のラインと、黒地に白のライン、白地に黒のラインの4パターンから選ぶことができます。

◆紅白と日本の文化/日本人は昔から「ハレとケ」を意識してきました。「ハレ:晴れ」はお祭りや年中行事などを行う特別な日で“非日常”という意味、「ケ:褻」は普段の生活、日常という意味があります。ハレの日の食べ物として、赤飯を炊き、餅を振る舞う習慣があり、「赤飯と白い餅」から「紅白はめでたい」という概念を持つようになったという説があり、お祝いの席の紅白幕や紅白の水引、紅白まんじゅうとハレの日には、紅白が多く使われます。
お祝いの儀式で使われる紅白、紅色(赤)には「厄除け・畏怖・威力」、白色には「清新・清浄(潔白)・高貴」の意味があるとされています。日本の国旗も実は、白地に赤ではなく、白地に紅色なのです。

【サイズ】
全長 約 22 × 穂幅 約 12

【素 材】
稲藁(山形県産)、麻紐

【取り扱いのご注意】
◆素材の劣化につながりますので、素材(稲藁)は長時間、水に浸さないでください。
◆湿度の高い場所で保管すると、稲にカビが発生します。しっかり水気を切り、乾燥させてから保管してください。
◆一点一点手作りのため個体差があります。ご了承ください。

【製造者】
工房ストロー(山形県真室川町)

【販売者/お問合せ】
山から福がおりてくる

〒996-0091 
山形県新庄市十日町6000-1 エコロジーガーデン内
吉野敏充デザイン事務所内

info@yamakarafuku.jp
購入時に「ギフトサービスを利用する」「ラッピング」を選択ください。
山から福がおりてくるオリジナルの包装紙でラッピングしてお届けさせていただきます。
販売価格 5,500円(内税)
型番 MH-017-02

関連商品