しな布サコッシュ

【商品の特徴】
しなの木の皮を剥いで、その繊維で作る「しな布」は、芭蕉布、葛布と並んで日本の三大「古代織」「原始織」と言われています。山形と新潟の県境の、雪深い土地でしか作られていません。糸にするまで一年、気の遠くなる作業がかかりますが、まさに自然の恵みとも言えます。稲作以前の古代の人たちは、水に強く丈夫な「しな」の特性を活かして縄を作っていました。素朴な優しさがありながら、自然素材のチカラを感じられる一品です。


【サイズ】
約 W 265 × h 210 (mm)
マチ 約 5(mm)
紐の長さ:約 135(mm)

【素材】
しな、リネン

【取り扱いのご注意】
水には強いですが、型崩れの原因になるので水洗いはお勧めしません。

【製造者】
五十嵐千江(山形県鶴岡市)

【販売者/お問合せ】
山から福がおりてくる

〒996-0091 
山形県新庄市十日町6000-1 エコロジーガーデン内
吉野敏充デザイン事務所内
info@yamakarafuku.jp

新規お取引希望のお問い合わせはこちらからお願いいたします。https://bit.ly/2YGv10M
販売価格 22,000円(内税)

関連記事

「はけご」の歴史や作り方、さまざまな素材や種類や一般的な価格のご紹介
縁側でおばあちゃんがコツコツと編み物をしていたり、繕い物をしていたり・・・昔はこういう情景を見ることができたものです。現代も、地方に暮らすおばあちゃんたちの中には、昔から伝承されている郷土の手作り品を作っているかたもいます。今回はそんな手作りの品を作っているおばあちゃんたちが作る「はけご」を紹介します。

関連商品