【山福 限定品】笹野一刀彫 青タカ(お鷹ぽっぽ)丸目

【商品の特徴】
◆笹野一刀彫は「サルキリ」という刃物1本だけで、伝統職人がひとつひとつ丁寧に材料となる「コシアブラ」の木を削りだし鮮やかな色彩を身にまとい出来あがります。
◆年の初めの縁起物/年の初めに、その年が良い年になりますようにと願いを込めて干支が飾られます。 五穀豊穣、子孫繁栄、家内安全。 お家のリビングや床の間や玄関に、どこにでも置いても雰囲気が合うかわいらしい干支の一刀彫り。一年をやさしく見守ってくれているようです。
◆今回、新色として「青」を取り入れました。可愛らしさにタカらしい勇敢な佇まいがあり、この秋、ここにしかないお鷹ぽっぽが誕生しました。
◆笹野一刀彫りの老舗の職人技/製作は笹野一刀彫りの老舗「鷹山」の職人さん。 山形県米沢市の名産品な笹野一刀彫りは、千数百年前から山形県米沢市の笹野部落の農民の手によって受け継がれてきた有名な信仰玩具です。昔から地域の人に寄り添う民芸品として今もなお大切に受け継がれています。

【サイズ】
約 h 150 (mm)

【素材】
コシアブラ

【取り扱いのご注意】
ひとつひとつ手作りですので、多少の大きさの誤差が生じます。また絵付けにより色合いも違う場合もあります。予めご了承ください。

【製造者】
株式会社 鷹山(山形県米沢市)

【販売者/お問合せ】
山から福がおりてくる

〒996-0091 
山形県新庄市十日町6000-1 エコロジーガーデン内
吉野敏充デザイン事務所内
info@yamakarafuku.jp

新規お取引希望のお問い合わせはこちらからお願いいたします。https://bit.ly/2YGv10M
販売価格 4,400円(内税)

関連記事

◆刃物1本だけで作る!笹野一刀彫り タカ(お鷹ぽっぽ)
山形の土産物として推奨品にも認定されている「お鷹(たか)ぽっぽ」。
笹野一刀彫りの老舗「鷹山」の職人さんが手がける、お鷹ぽっぽを詳しくご紹介。
◆笹野一刀彫で知られるお鷹ぽっぽの歴史や作り方、価格に至るまで徹底解説
昔から伝統的に作られてきた郷土品は、素朴で温かさがあり、またその地域の歴史を感じます。
各地域にそれぞれ郷土品があり、お土産などで販売されている物もありますね。

関連商品